悪質出会い系に騙されない

迷惑メール法

正式名称は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」。

携帯電話からのネット接続が普及するに伴い、迷惑メールが社会問題化していますが、この問題に対応するため、平成14年より施行された法律です。

平成17年には、特定電子メールの範囲拡大や架空アドレスあての送信の禁止が定められましたが、依然、迷惑メールは減少することなく、悪質出会い系サイト運営会社&配信業者とのいたちごっこ状態となっているため、平成20年にはさらに対応が強化され、あらかじめ同意した者に対してのみ送信が認められる「オプトインメール」に限定されています。

迷惑メール法の注目点

広告メールは受信者の同意が必要

迷惑メール法が改正されるまでは、「未承諾広告※」という文字を表示する「オプトアウト」という広告目的のメールの配信が認められていました。オプトアウトメールとは、受信者の許可を得ず一方的にメールを配信する手法で、従来までは、受信者が再送信を拒否するアクションを起さない限りは、オプトアウトメールが許可されていました。

しかし、平成20年の改正で、広告・宣伝メールは、受信者からの事前同意がない「オプトアウトメール」はすべて迷惑メールとみなされるようになりました。あたかも、普通のアプローチメールを装って登録へ誘導する、悪質出会い系サイトからのメールも、当然、迷惑メール法違反ですね。

下記、条文を抜粋しますので、参考にしてください。

■特定電子メールの送信の制限

第3条 送信者は、次に掲げる者以外の者に対し、特定電子メールの送信をしてはならない。
一 あらかじめ、特定電子メールの送信をするように求める旨又は送信をすることに同意する旨を送信者又は送信委託者(電子メールの送信を委託した者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。)をいう。以下同じ。)に対し通知した者

架空アドレスでの送信は禁止

改正前の迷惑メール法でも規定されていますが、架空のメールアドレス、IPアドレス、ドメイン名を偽った場合は罰せられます。また、プログラムより自動生成された架空メールアドレスへ広告宣伝メールを送信することも禁止されています。

■架空電子メールアドレスによる送信の禁止

第6条 送信者は、自己又は他人の営業のために多数の電子メールの送信をする目的で、架空電子メールアドレスをそのあて先とする電子メールの送信をしてはならない。

記載必須事項と配信停止

受信者が「広告宣伝メールの受信」を同意した場合。

送信する広告メールには、

  1. 送信者名(送信者と委託先が別の場合は、送信の責任者)
  2. 送信者の連絡先
  3. 配信停止が出来る通知先

を記載することが義務付けられています。

当サイトが推薦する安全&安心婚活サイト

ポイント制出会いでも優良サイトはありますが、初心者におすすめ&メールをたくさん送信したい人には、使いすぎの心配がない定額制の婚活サイトが一番!下記は、悪徳出会いレスキューが推薦する3大婚活サイトです。


エキサイト恋愛結婚

22歳以上の独身社会人限定の、真面目な恋愛結婚サイト。対象を絞り込んでいるので、将来に繋がる出会いを探している人なら、利用しやすいはず。本人確認必須でハードルが高いのが難点でもあり長所でもある。

- 詳細を観る



ヤフーパートナー

大手ヤフーが運営の安心出会い系。マッチング&メールのシンプルな機能なので、簡単に使えるのが魅力的。男女とも無料で登録は可能ですが、メールを送信するには月会費の支払いが必要です。

- 詳細を観る


ラブサーチ
ラブサーチで安全出会い

定額制の老舗で、豊富な機能が交際&結婚カップルの成立をサポート。会員同士のオフ会など、他の婚活サイトには見られないユニークな特長には要注目です。1ヶ月2,000円で利用できる6ヶ月プランがお値打ち。

- 詳細を観る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO