悪質出会い系に騙されない

優良サイトの見分け方

出会いサイトは星の数ほどありますが、その中で優良と呼べるものはほんの一握り。女性会員がサクラしかいないような悪質なサイトで、いくらお金を費やしたとしても、実のある出会いなんてできっこありません。「出会いサイトを楽しむために」でもお話しましたが、とにかくうまい話はないものと思って、甘い誘惑には誘われることなく、出会いサイトを冷静にチェックしましょう。

悪質出会い系を見極める目を養おう

出会いサイトの不正請求など犯罪・違法行為に巻き込まれないようにするには、当たり前ですが悪質な出会いサイトには近づかないことです。登録しようと思っている出会いサイトが悪質かそうでないかは、以下に記載するポイントで、ある程度見極めることができます。

料金設定が明確で分かりやすい

入会や登録、利用に必要な料金がサイトの分かりやすい場所に明確に記載されていれば、料金設定にやましい部分がないという証拠。さらに利用規約に曖昧で分かりにくい記載がなければ安心です。

歴史がある出会いサイト

悪質な出会いサイトの場合、悪質ぶりが世間に知れ渡ると、サイト名称をコロコロ変更することもあります。一概には言えませんが、3〜4年以上同じサイト名&同じスタイルで運営しているところは優良サイトと言えるのではないでしょうか。会社概要や運営履歴などをチェックして、運営間もないような出会い系であれば、ネット上でサイト名を調べて、過去に別名称で悪事を働いていないかを確認しましょう。

口コミでの評判がいい

「友達から紹介された」「知り合いがこのサイトで出会えたから」など、実際に利用した人から広がった評判は、どんな情報よりも確かなもの。やはり、お金を使ってどんな広告を掲載したところで、利用者の評判が悪ければ長く運営することができません。上記に記載した「歴史がある出会いサイト」にもつながりますが、やはり口コミで「このサイトは使いやすいよ」と評判のサイトほど、長きにわたって支持されています。

雑誌の編集記事で紹介されている

広告ではなく、大手出版社の情報誌に編集記事として取り上げられているかどうか。広告は、運営側がお金を払って掲載するものなので、優良出会いのバロメーターにはなりません。一方、編集記事は、出版社の編集部から「ぜひ、今回の企画で御社の出会いサイトを取り上げたいんですが」と打診があって初めて掲載されるもの。大手出版社の厳しい目によって「この出会いサイトなら安心して読者に紹介できる」と選ばれたサイトだからこそ、優良サイトと言えるのではないでしょうか。

サポートセンターの対応が親切丁寧で迅速

サポートセンターが、どんな小さな質問に対しても、迅速に、しかも丁寧に回答してくれるかどうか。例えば、試しに悪質な出会いサイトのサポートセンターに「利用規約」について問い合わせをしてみましょう。「グループサイトに登録されるとありますが、どのサイトに登録されるのか教えてください」。果たして、回答をしてくれるでしょうか。優良な出会い系ほど、利用者が納得いくまで説明をしてくれるはずです。

サポートセンターがしっかり稼動しているかどうかは、その出会い系サイトの運営スタイルにも関わってきますから、この部分に力を入れているかどうかも重要な条件となります。

会員同士のコミュニケーションスペースがある

会員同士のコミュニケーションの場が設けられているということも、優良サイトの判断材料になります。不正請求を行っていたりサクラを利用していれば、会員同士のやりとりでバレてしまう可能性が高いですから、悪質なサイトであればあるほど、会員同士が接することを嫌うはずです。会員間のチャットや掲示板、オフラインパーティーなどが開催されている出会いサイトは、運営に自信を持っていて、安心して利用できます。

会員同士のオフ会などが開催されている出会い系は、その出会いサイトの運営状況が会員に筒抜けなので、悪いことはできません。会員だけのオフ会がある出会いサイトほど、健全な運営をしていると言えそうです。

優良出会い系には、悪質サイトが逆立ちしても真似できない健全性があります。健全性をチェックすれば、悪質出会いサイトに騙されることはありません。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO